全国200社以上と業務提携!!見積もりを比べられるから引越し料金がお得に!!
無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号


〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

引越し業者とトラブルにならないための注意点とは?

引越し業者とのよくあるトラブルとは?

引越し業者とのよくあるトラブルが、荷物の破損や建物への損傷、引越し当日の追加料金です。引越し当日のバタバタの中のトラブルは、対処も難しく、焦りから、冷静に判断が出来ず、損をすることも多いようです。出来るだけトラブルを起こさないために、事前の対策も必要ですが、トラブルが起こった時の対処方法についても知っておきましょう。

ここでは、引越し業者とのトラブルについて説明します。

荷物の破損を起こさないための対策とは

荷物の破損が起きる可能性があるのは、荷物の梱包の方法です。壊れやすいものは、エアクッションなどでしっかり包むことや段ボールへの注意書きを行うことで防ぐことができます。また、梱包する際の段ボールの作り方やガムテームでの接着方法にも気をつけ、段ボールが崩れない、底が抜けないように注意しましょう。

荷物の破損が起きないための事前の対策は必要です。大切な家具、家財の運搬がある場合、運搬の養生はしっかりと行ってもらいましょう。

荷物の破損が起きた場合

引越し業者には、運送業者貸物賠償責任保険というものがあり、荷物を破損した場合の保障があります。ただし、限度額にあり、保険対応できる品物が決まっている場合もあります。家財などは、引越し業者の保険で対応できますが、高価な家財などがある場合は、引越荷物運送保険というお客様が掛ける保険もあります。万が一のトラブルを考えて、引越荷物運送保険をかけることも考えましょう。

荷物の破損の注意点として、引越し業者が破損を気づかない場合や、申告しないことあります。引越し後、数週間が経ってから、荷物の破損が発覚した場合、引越し業者の責任か判断できないケースがあります。引越し後は、早めに荷ほどきをして、荷物の破損がないか確認をしましょう。

追加料金のトラブル

引越し費用のトラブルでは、『追加料金』があります。よくあるのが、荷物が積みきれず、別途、運送するために、追加料金がかかったというトラブルがあります。見積りの際に、荷物の把握や過小申告があった場合は、お客様の不備のため、追加料金を払わなければいけません。

また、引越し先での追加作業のトラブルもあります。家具が玄関から入らない、エレベータに家財が載らないなどの場合は、追加作業がかかるため、追加料金が発生します。荷物運搬のトラブルを起こさないためにも、引越し先の下見や玄関の広さ、エレベータの有無、大きさ、通路の広さなど、荷物の運搬に必要な情報を調べておきましょう。

引越し費用のよくある追加料金とは?

引越し業者とトラブルにならないためには

引越し費用の見積りは細かく行われます。ほとんどの引越し業者は、事前に作業の説明をしっかりと行います。聞いていない、知らなかったでは、済まされず、作業が必要な場合は、追加料金を支払わなくてはいけません。面倒だからといって確認を怠ると、トラブルになりかねません。お互いに確認したことを書面として残す事や引越し後の荷物のチェックは必ず行い、トラブルにならないように注意しましょう。

無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号


〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

沖縄の引越し料金や費用・相場を調べたり、格安業者への見積もりなら沖縄引越し.comへ