全国200社以上と業務提携!!見積もりを比べられるから引越し料金がお得に!!
無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号


〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

引越しの準備とやることリストとは?

引越しを決めてから、引越し当日までに様々な準備ややることがあります。スムーズに引越しができるように、やることを知り、リストを作りましょう。作成したやることリストを引越しまでの期間で片づけていきましょう。

引越し1、2か月前にやること

賃貸住宅の場合は、不動産会社や大家さんへ解約の旨を連絡します。契約上で届け出が遅れた場合、余分な家賃の支払う必要がありますのでご注意ください。

引越し業者の選定をします。

沖縄引越し.comをご利用いただき、複数社の見積もりをお取りください。繁忙期(3月、4月)や土日の引越しは希望日が取れない場合や引越し費用が割高になる場合がありますので、早めに業者選定しましょう。

引越し2、3週間前にやること

荷造りを準備しましょう。自分で荷造りする場合は、梱包用のダンボールを集めます。(引越し業者によってはダンボールを無料でいただける業者もあります。)他に、新聞紙・ガムテープ・ひも類・ビニール袋・はさみ・カッター・緩衝材。マジック等を準備ください。

まずは使わないものから荷造り開始しましょう → 上手な荷造りの仕方

シーズンオフの洋服や思い出の品、趣味のものなど生活必需品以外より荷造りしましょう。荷造りしたものは、引越し先の片づける部屋の名前と入っている物をダンボールに記載すると片づけが楽になります。

荷物が多い場合、引越し費用も高くなります。引越しを機会に不用品は処分しましょう。不用品はリサイクル業者に引き取ってもらったり、地域の行政サービスを利用して安くで処分しましょう。引越し業者に処分を依頼することも可能ですが、行政サービスに比べて少し割高になります。

一時的な引越しの場合、引越し業者のサービスで荷物預かりのサービスやコンテナのレンタルもあります。荷物の保管方法についてもご相談してみてはいかがでしょうか。

引越し1週間前にやること

キッチンの片づけで、食料品や食器類を片づけます。必要最低限の食料品や食器・調理器具を残して片づけできるように献立などを考えましょう。生鮮食品・冷凍食品などは、早めに片づけていきましょう。食器は、移動する引越し費用と、新しく買った方が安いものと考えて荷造りしましょう。

電話・ガス・水道・電気会社の各営業所へ連絡します。サービスの停止や開始には立ち合いが必要な場合もありますので、早めに引き渡し日程を決めましょう。

その他、手続き関係についてチェックしてみましょう → 手続きにつきまして

引越し前日にやること

冷蔵庫の中を全て空にして電源を切っておきます。(水抜きもしましょう)※冷蔵庫の機種によっては、移動方法が異なる場合がありますので、取り扱い説明書で確認しましょう。洗濯機も事前に水を抜きます。(水抜きの方法は説明書で確認します)

引越し当日に持ち歩くものを準備しましょう。貴重品(通帳・印鑑・宝石類・こわれやすいもの)などは、自分で管理・移動できるように携帯用のバッグに入れておきましょう。バタバタして、貴重品を紛失しないように、しっかりと管理しましょう。

引越し当日にやること

引越し業者に荷物の移動を依頼します。
取り扱いを注意する荷物やダンボールなどは事前に説明しておきましょう。段ボールの側面にも分かりやすいように注意書きを書きましょう。ガスは当日担当の人が来て閉栓し、料金を清算する場合もありますので、現金を用意しておきましょう。
最後に電気はブレーカーを落としましょう。

搬出がすべて終了したら、不動産会社や大家さんと傷や汚れ等を確認してもらい鍵を返却します。この際に、トラブルを避ける為にも敷金の精算について確認しておきましょう。

引越し準備は効率良くやること!!

引越し準備を効率良くやることで、無駄な費用を削り、手間を少なくすることができます。荷造りが上手くいかず、荷物の処分を業者に依頼したり、運搬する量が増え、追加費用がかかるなど、準備や手順が悪いと、格安な業者を見つけても意味がありません。余計な費用をかけないためや楽な引越しができるように、計画的に準備ややることを片づけていきましょう。

無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号


〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

沖縄の引越し料金や費用・相場を調べたり、格安業者への見積もりなら沖縄引越し.comへ