無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号

-
〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

一人暮らしの引越し費用を安くしたい

一人暮らしの引越しでも費用が高くなる場合があります。大学生活や新卒社員の一人暮らしが始まる3月、4月の時期は、引越し業者にとって繁忙期のため、引越し費用は通常期に比べて、かなり高くなっています。また、トラックのチャーター便を利用しては引越し費用はかなり高額になるケースもあるようです。だからこそ、複数の引越し業者に、引越し費用の相見積もりやプランの比較を行わなければ、高い引越し費用を払うかもしれません。

ここでは、一人暮らしの引越し費用を格安に行うためにも、引越し費用を安くする方法を説明します。

引越し費用を基本料金だけのプランにすること

引越し費用を格安にするためにまずは基本料金のみに抑えましょう。荷物が多い場合や別途作業が必要な場合には引越し費用に加算されていきます。特に土日祝日の引越しや夜間の時間帯などは割増費用がかかります。格安に引越しするために荷物は少なく、引越し作業をする日時を調整しましょう。引越し業者の都合に合わせた日時にするだけでもかなり費用を抑えることができます。

引越しする荷物を極力減らす

一人暮らしの引越しでも冷蔵庫や洗濯機などの引越しはやはり費用がかかってしまいます。遠距離での引越しの場合は、買い直しした方が安くなる場合もあります。リサイクルショップなどに買取してもらい、引越し先で家電の再購入も検討しましょう。慣れない荷造りで段ボールが増えてしまっては、基本料金以上の費用がかかるか、荷物が載らない場合もあります。上手な荷造りの方法を参考にしてください。

マンスリーマンション、シェアハウスへ引越しする

上記でもあったように家具家電の引越し費用がかかります。家具や家電に引越し費用をかけないために、マンスリーマンションやシェアハウスなど、家具、家電付きの物件に引越しする方法もあります。極端に物を減らすことができますので、格安で引越しすることができます。

割引サービスより一括見積もりで安い引越し業者を探すこと

引越し費用の早期割引やネット割引など様々な割引サービスがありますので、早く予約をするだけでも引越し費用を安くすることができます。また、様々な割引サービスを追加した内容での引越し費用の見積もりを行い、他社よりも安い費用を提案してくれる引越し業者を選びましょう。しかし、繁忙期の引越しでは費用は安くならない場合もあります。出来るだけ安い引越し費用にするなら、一括見積もりを依頼して、格安な引越し費用を提案してくれる引越し業者を見つけることが重要です。

一人暮らしの新生活は何かとお金もかかるため、引越し費用は安くしたいですね。上記にある引越し費用を格安にするための方法を実践し、一括見積もりで複数社の中から一番安い費用を提案してくれる業者を見つけて、格安の引越しを行いましょう。

まずは引越し費用の相場を調べる

引越し費用の参考記事はコチラ

引越しについての基礎知識はコチラ

沖縄引越し.comで一括見積もりを依頼する

無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号

-
〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

おすすめの記事