無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号

-
〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

引越し費用が決定するポイントとは?

引越し費用は、あなたの希望する内容によって変わります。つまり、希望が多くなるにつれて、引越し費用が高くなるのです。特に引越し費用が高くなるは、『繁忙期(3~4月)』に『時間指定』で『荷物が多く』、『荷造り、荷解きのお任せサービス』を利用するのが、高い引越し費用になるポイントです。つまり、以下のポイントを変えるだけで、引越し費用を安くすることができます。

  • 作業人数&サービス内容
  • 移動する荷物量
  • 移動距離
  • 引越し希望日

引越し費用が決まるのは大まかにこの4つのポイントから算出しています。引越し費用を安く抑えるために。希望する内容を変えていきましょう。

荷造り、荷解きは自分でやる

引越し業者ごとに様々なサービスがあります。特に引越し費用の高い、梱包から運搬すべておまかせパックを利用しないことが、引越し費用を安くするポイントです。自分で梱包し、荷物だけ運んでもらうサービスを選びましょう。格安な引越し費用の業者を見つけるには、基本料金の安い引越し業者を選ぶのがポイントです。

ただし、複数の引越し業者で相見積もりをしている場合は、引越し業者より割引の提案がされます。場合によっては、基本料金が高くても割引で安くする引越し業者もいるために、複数の業者からの相見積もりは必ず行いましょう。

※格安な引越し費用で依頼すると自分で行う作業が多くなります。慣れない作業や労力をかけるよりはプロにお任せするのがオススメです。引越しは予算や作業内容を比べてみて、あなたにあったプランやサービスを選びましょう。

移動距離では費用は抑えられない

引越し費用は移動距離だけでなく、荷物を運搬する距離や作業により費用が変わります。転居先住所はもちろんのこと、使用するトラックの大きさ、階数・エレベーターの有無とサイズ、建物が面する道路の幅、車を停められる場所から部屋までの距離などで費用が決まるため、できるだけ詳しく引越し業者へお伝えください。

※場所によっては、業者が下見をしてから見積してくれる場合もあります。ただし、沖縄県外や離島などの引越しの際には、引越し先の状況を業者が下見できないために、不動産会社へ確認しておきましょう。

移動距離は変えられないので、引越し費用を安くするためには、基本料金の安い引越し業者へ依頼することがオススメです。

移動する荷物の量を減らす

引越し費用はで移動する荷物の量で変わります。荷物が多いほど、引越し費用が高くなるので、不要品は出来るだけ処分し、運送する荷物を減らすことで費用をおさえることができます。よくある失敗例が荷造りしたら、予想より段ボールの数が増えてしまい、引越し費用が上がったという事もありますので、段ボールへに荷造りは上手く梱包しましょう。

引越し希望日を引越し業者の都合に合わせる

引越し希望日が繁忙期(引越しシーズン)の場合、引越し業者のスケジュールによって費用が大きく変わります。すでに埋まっているスケジュールに対して、人手の手配が発生するために費用も割高になります。また、平日より土日祝日の方が引越しを希望する人が多いため、引越し費用が割高になります。格安な引越し業者を見つけるためには、引越し希望日にスケジュールが空いている引越し業者へ依頼することがポイントです。※沖縄県外や離島への引越しで、船便対応の場合、港が休みの場合もあります。引越し日だけでなく、荷物が届く日も併せてご確認ください。

一括見積を活用して、スケジュールの空いている引越し業者を見つけましょう。

格安な引越し費用で依頼するポイントとは?

引越し費用は引越し業者ごと、依頼する内容によって違い、見積もりをするタイミングでも費用が変わってきます。複数社へ依頼内容ごとに見積を依頼して、比較検討することが大切です。自分で複数社の見積を依頼することは、かなり労力がかかります。一括見積もりを活用し、複数社へあなたの希望する依頼内容の見積もりを簡単に手に入れ、その中で、安い引越し費用の業者やプランを見つけましょう。

引越し費用の参考記事はコチラ

引越しについての基礎知識はコチラ

無料見積もりで最大50%OFF! まずはこちらから簡単入力!!
現住所の郵便番号

現住所の郵便番号

-
〒郵便番号検索
都道府県

引越し先の都道府県

引越しタイプ

引越しのタイプ

おすすめの記事